MENU

これからVIO脱毛しようと思っている人、必見!

女子なら、誰もが気になっているのが、デリケートゾーンの処理。濃いアンダーヘア、整っていないビキニラインは、人に見られると恥ずかしいですよね。エステサロンや医療機関では、この部分の処理を、VIO脱毛と呼んでおり、申込者が増えています。そこで、このサイトでは、VIOの処理について、様々な角度からまとめてみました。これからVIO脱毛しようと思っている人必見です。

 

説明する女性

 

エステサロンでVIO脱毛を受けるときの流れ

VIO脱毛は使い捨てのショーツを着けた状態で受けます。ショーツをずらしながらライトを照射していくため、丸見えになることはありません。きれいに仕上げるためには、どこまで脱毛するかという事前の打ち合わせが大切になります。

 

生理のときの不快感を軽減したい、おしゃれな下着や水着を着たい、コンプレックスを解消したい……。さまざまな理由でVIOの脱毛を希望する方が増えています。
VIOはデリケートな部分ですから、施術後のかゆみや毛膿炎などの心配ももちろんありますが、多くの方にとって一番の懸念材料は、「どんな格好で受けるの?」「施術は具体的にどんなふうに行われるの?」ということではないでしょうか。

 

水着姿の女性

 

エステでの処理

どんな格好で受けるか まず身に着けるものについては、使い捨てのショーツが用意されているサロンが多いようです。下着を全部取って用意された紙製のショーツを着け、その上に、やはりサロンが用意したガウンやチューブトップのワンピースを着ける、というのが、施術を受けるときの基本的な格好になります。

 

VIO脱毛が脇の 下や腕など他の部位と違ってくるのは、ムダ毛をすべて脱毛せず、ある程度残す形になることです。そのため、たとえばVラインはどんな形に処理するか、またはIラインやOラインは残すのか、といった、いわば脱毛のデザイン作りがとても大切になります。
事前のカウンセリングでスタッフの方と打ち合わせながら決めていきますが、普段使用している水着などを用意していくと、目安ができるので便利だと思います。ただし、ハート型など特殊なデザインの希望は断られるサロンもあります。

施術はどんなふうに行われるか

予約日に合わせてシェーバーなどで短く処理しておくのは、他の部位と同じです。剃り残しについてはサロンによって対応はかなり違います。その場で剃ってくれることもありますが、施術延期という場合もありますので、 事前に確認しておくとよいですね。

 

施術は、Vラインはあおむけ、Iラインは片足ずつ膝を曲げて開脚した開いた格好、Oラインはうつぶせというのが基本姿勢です。照射は、ショーツを少しずつずらしながら行っていきます。全部丸見えに見えることはありませんが、ぎりぎりまで処理する場合はどうしてもスタッフの方の目にふれることになります。

 

ただ、体験談を聞くと、始まってしまえばあまり羞恥心は感じないとか、痛みが強いので恥ずかしがっている余裕がないという声が多いですね。あとは施術スタッフの方と、注意点やアフターケアなど、VIO脱毛についてオープンに話してみるというのも、羞恥心を和らげるのには有効ではないかと思います。

 

 

VIOに適した脱毛方式とは・医療機関編

ニードル脱毛は非常に痛みが強いため、よほどの事情がない限り、VIOには避けた方が無難です。細かい作業ができるレーザー脱毛は、Vラインのデザイン脱毛などに向いています。

 

医療機関で行っている脱毛方式は、主に「ニードル脱毛」と「レーザー脱毛」の2種類になります。

 

自己処理はもちろん、サロンで受けるよりもずっと高い脱毛効果がありますが、その分、「施術時の痛みが強い」、「時間や手間がかかる」、「料金が高額になる」というデメリットがあります。

 

医療脱毛での処理の種類

①ニードル脱毛 プローブという極細の針を毛穴に挿入し、毛根の毛母を直接焼く方法です。施術には非常に強い痛みをともなうため、ただでさえ痛みを感じやすいデリケートゾーンにはおすすめできません。

 

ただ脱毛効果は高く、1〜2回の施術でほぼ確実に永久脱毛することが可能です。かゆみやかぶれなど健康上の理由で脱毛を考えている方は、検討してみてもよいでしょう。その場合は、局所麻酔を利用できるクリニックを選んでください。

②レーザー脱毛 レーザーを照射し、ムダ毛の毛根全体を高温で熱することで脱毛させます。ニードル脱毛ほどではありませんが、やはり痛みは強く、VIOを受けるならば麻酔は必須です。

 

その他には、光が拡散しないというのもレーザーの特徴で、そのため脱毛サロンで使用されている光脱毛が3cm四方の照射範囲を持つのに対し、レーザー脱毛は1cm四方程度です。

 

施術には時間がかかってしまいますが、細かいエリアの脱毛はレーザーが得意です。Vラインを細く削りたいとか、スクエア型や卵型に整えたいなど、デザイン性のある脱毛を希望する方は、レーザー脱毛がおすすめです。光脱毛は照射範囲が広いため形を作るのにはあまり向いていませんし、そのせいか凝った脱毛は断るサロンもあるようです。

 

アトピーなどの要因で肌がドランスキン傾向にある方は、これらの医療脱毛は避けた方がよいかもしれません。ニードル脱毛もレーザー脱毛も患部の皮膚にかなり高い熱が加わります。熱を冷ますために肌から大量の水分が蒸発し、乾燥が進んでしまうのです。それが刺激になってかゆみが出たり、症状が悪化したとの声もありますので、もっと刺激の少ない脱毛方式を選択することをおすすめします。

 

VIO脱毛に適した脱毛方式とは・サロン、家庭編

医療機関以外では、光脱毛、ワックス脱毛、家庭用脱毛器などがVIOに使っても問題のない方式です。それぞれにメリット・デメリットがあるため、性質を踏まえて自分に合った脱毛方式を選ぶことが大切です。

 

脱毛サロンのほとんどは光脱毛です。しかし近年、VIO脱毛であるブラジリアンワックスの需要に応える形で、ワックス脱毛専門のサロンも増えてきました。

 

主な3つの処理方法

①光脱毛 フラッシュ光を照射して毛根を熱し、脱毛させます。医療レーザー脱毛と同じ原理ですが、レーザーと違って光が拡散するため1照射あたりのパワーは低く、その代わりに一度に広い範囲を処理できます。

 

痛みが比較的少ない方式なので、デリケートゾーンには向いているといえます。また、光脱毛は医療脱毛と比べると格段に料金が安く、ここがサロンの大きなメリットでしょう。サロンごとにいろいろなキャンペーン、パックなどが用意されており、じょうずに活用するとかなりお得に脱毛することも可能です。

②ワックス脱毛 脱毛用のワックスを塗り、一気に剥がしてムダ毛を抜く方法です。光脱毛は実際に毛が抜けるまで数日かかりますが、ワックスはそうしたタイムラグがないため、すぐに処理したい場合には便利です。また毛抜きのように途中で毛が切れづらく、すべすべの仕上がりが楽しめます。

 

一時脱毛という性質を利用して、Vラインのサイズや形を変えてみるなど、遊び心のある利用もできますね。ただし、肌にも毛穴にも一定の負担がかかりますから、頻繁な利用はあまりおすすめできません。

③家庭用脱毛器 価格の安さだけが売りという感じだった家庭用脱毛器も、光脱毛タイプの登場で一気に有力な選択肢に成長しました。脱毛効果は落ちますが、好きなタイミングでムダ毛処理ができるという強みがあります。

 

予約が取りづらい、予約日に予定が入った、など、サロンの場合は予約に関係したトラブルがついてまわりますが、脱毛器はそうしたストレスとは無縁で脱毛をしていくことができます。忙しい方、ムダ毛ケアはのんびりやりたい方におすすめです。

 

デリケートゾーンのどの範囲まで使用できるかは機種によって違います。購入する際に取扱説明書などで確認してください。

 

サロンや脱毛器は、医療脱毛と比べて効果が低いという書き方をしましたが、厳密には「個人差が大きい」という方が正確です。

 

ほとんど効果がなかった、すぐにムダ毛が復活したという声がある一方で、永久脱毛に成功したとの声もあるのです。これは毛質や毛の濃さとも関連が薄いようで、どのくらいの効果が得られるかは、実際に行ってみないとわかりません。その点も踏まえてください。

 

 

Iラインは、どれだけ残すか、が重要です

VIO脱毛の場合は、VラインとIラインのバランスが大切です。濃さを合わせたり、VラインとIラインの境目をグラデーションをつけてつなげたりすると、自然な仕上がりになります。

 

考える女性

 

今年こそVIO脱毛に挑戦したい、と計画している方もあるでしょう。

 

ほとんどのパーツの場合、脱毛は基本的にそのパーツのムダ毛をすべて処理してしまえばよいのですが、VIOの場合は、どの部分をどのように処理するか、または残すかを自分でデザインする必要があります。自由度が高い反面、慣れないとハードルが高く感じることもありますよね。

 

VIO脱毛では、自然な見た目になるようにムダ毛を処理することが大切なポイントになります。このときに鍵になるのはIラインの処理です。Vラインのデザインはイメージしやすいですが、その次のIラインはどうすればよいのか戸惑いますよね。

 

  1. 蒸れないように全部処理、
  2. 恥ずかしいから手をつけない、

このどちらかになってしまう方が多いのではと思いますが、Iラインを意識的にデザインすると仕上がりが違ってきますよ。

 

  • まず一つ目のポイントは、VラインとIラインの濃さを合わせることです。たとえば、あまりないと思いますが、Vラインをすべて処理してIラインを未処理にすると不自然ですよね。でも、Vラインをあまり削らずにIラインをすべて処理してしまうと、一見問題がないようですが、これも意外と不自然になってしまうものです。

     

    デリケートゾーンの体毛はVからOまでだいたいひとつづきになっていますよね。そのため流れがいきなり分断されるように体毛がなくなるのは、やはり不自然なのです。
    Vラインを、逆三角形、卵型などあまり手を加えない形状にする場合は、Iラインはある程度残します。スクエア型、I型のように大胆に削るなら、Iラインはほぼ無毛に処理した方がバランスが取れます。

  •  

  • そして二つ目のポイントは、VラインとIラインを自然につなげることです。Iラインの上部にグラデーションをつけて、自然に薄くなっていくように見せましょう。グラデーションの処理はたいていのサロンで行ってくれると思いますが、カウンセリングの時に確認しておくと安心です。